教えて、布団職人!

オーダーメイド敷布団&枕のつくる意義

20170123

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。今日はオーダーメイドで敷布団や枕を作る意義について書きたいと思います。敷布団をオーダーメイドで作るなんでとても贅沢な気がしますが、平均睡眠時間が6~8時間ですので1日の3分の1から4分の1もの時間を敷布団の上で過ごしていることになります。そこにお金を少しかけることは実はとても有意義なことで、人生をよりよくするために必要なことであると思います。

 

自分に合った布団で寝るとどんな良いことがあるの?

「良い布団」と「高い布団」と「寝心地の良い布団」と「自分に合った布団」は同じようで全く異なるものです。簡単に定義付けるとすれば、良い布団は一般的に評価が高い布団、高い布団は高級な素材を使った値段が高い布団、寝心地の良い布団は今の自分にとって寝心地が良い(現在の寝姿勢に合っている)布団、自分に合った布団は理想の寝姿勢へと導いてくれる布団となると思います。当然ですが、この理想の寝姿勢へと変化をさせてくれる布団が最も良い布団で、これがオーダーメイドで実現できることなのです。

イメージとしては骨格矯正をしていくようなものなので、少しずつ寝姿勢に変化させ理想の寝姿勢(背骨のS字ライン)を手に入れていきます。実際に3ヶ月に1度の検査で背骨のラインの変化を確認することができています。わざわざ忙しい昼の時間の合間に、病院や整体、マッサージに行くなどしなくても、睡眠中に骨の歪みを少しでも取るお手伝いができます。つまり1日の3分の1から4分の1という睡眠に使っている時間で毎日少しずつ骨格矯正をしていき、健康を手に入れていくのです。姿勢が悪いと、バランスをとるために筋肉が常に緊張したり、血管・神経・内臓が圧迫されたりして、疲れやすくなりますし体調不良の原因ともなります。睡眠中の無意識の間に姿勢を正していきましょう!

 

無意識を意識しよう!

理想は睡眠中の寝姿勢を意識的にコントロールできることですが、寝ている間は基本的には無意識ですのでそれは難しいことです。なので意識のあるうち、つまり起きている間に眠りのことをしっかりと考えて、眠りや寝姿勢をコントロールする必要があります。

疲れた身体を休めるのが睡眠の目的です。寝ている間に身体の修復がされます。成長ホルモンの分泌で疲労が回復したり、組織の成長を促したり、代謝のコントロールをしてくれていたりするのです。もちろんたくさん修復された方が健康に良く、つまりこれが良質な睡眠、快眠と言われる状態です。その目的を最大限効率的に行うには、当たり前ですが深い眠りを得た方が良いです。そしてそれを成し遂げるためには、速やかな入眠ができ、体圧分散により十分な血流が確保され、理想の寝姿勢を保てる敷寝具が必要ということになります。忙しい現代人にとっては、短時間でも熟睡して効率的に身体を修復したいものです。

 

人生を豊かにするための睡眠を

この記事を書き始めてからもう既に何度もお伝えしていますが、当店のミッションは「眠りでお客様の生活を豊かにする」ことです。起きているときに最適な寝具を選び、寝ているときに健康を手に入れて、起きているときに健康を感じられる豊かな人生を送れるお手伝いを今後もしていけるよう、日々研究を積み重ねていきたいと思います。

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!