教えて、布団職人!

疲れが取れてぐっすり眠れる敷布団ランキング

疲れが取れて

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。本日は【ふとんマイスターが勝手に選ぶ疲れが取れてぐっすり眠れる敷布団ランキング!】と題しまして、勝手にランキングを作成しましたので、是非お楽しみください。

これまでも何度かお伝えしていますが、信州大学との共同研究で横向きと仰向けで寝たときに、「短時間で熟睡できる」のは仰向けだということがわかっています。これにはいくつかの理由があるのですが、その最も大事なポイントは血流になります。仰向け・うつ伏せで寝た場合は血流が良くなり、横向きで寝た場合には血流が悪くなります。また仰向けで寝た場合には熟睡感が得られ、うつ伏せ・横向きで寝た場合には熟睡感が得られません。つまり、横向きで寝てしまうと血流が悪く身体の疲れが取れず、さらに熟睡感が得られないため脳の疲れが取れないということになってしまいます。

そこで今回の「ぐっすり眠れる敷布団」は、「仰向けで寝やすい敷布団」という定義にしたいと思います。筋肉に溜まった乳酸を取り除くのは酸素ですから、筋肉の疲れを取るのは血流に起因し、酸素がいっぱい入ったオキシヘモグロビンをいかに身体中に運び、老廃物がついたデオキシヘモグロビンをいかに回収できるかにかかっています。ちなみに、7時間半寝ると乳酸が本来の元の状態に戻るようになっています。残念ながら横向きで寝た場合、血中酸素量が半分になってしまい、さらに血流量も半分になってしまいます。横向きで寝ると片方の肺の重さで、もう片方の肺が圧縮されてしまいますが、肺が広がっている状態の方が酸素を取り込みやすいというのが血中酸素量を減らしてしまう理由と考えられています。

ある程度の硬さがある、点で支えられる、体圧分散ができる=仰向けで寝やすい=血流が良くなる敷布団だとマイスターは考えております。

 

第1位:腰いい寝・快眠の王・腰いい寝リッチ・快眠の王リッチ(櫻道ふとん店)

栄えある第1位は当店で製造・販売をしている快眠の王・快眠の王リッチです!超高反発でありながら、凹凸加工により適度な硬さとなっている当店自慢のシリーズの敷布団は、仰向けで寝られる確率が高くなっている敷布団です。寝返りにも力を少ししか使わないため熟睡感が得やすい敷布団となっております。

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝リッチはこちらから!

【ヘルシー安眠スタイル】快眠の王はこちらから!

【ヘルシー安眠スタイル】快眠の王リッチはこちらから!

 

第2位:ムアツふとん(昭和西川株式会社)

第2位は西川さんのムアツふとんです!当店の敷布団同様、高反発&凹凸加工の敷布団・マットレスとなっています。少し柔らかさを感じたり、凹凸の山の高さが高かったりするため2位にさせていただきました。

 

第3位:マニフレックス

第3位はマニフレックスです!高反発で有名なマニフレックスは寝姿勢が保たれ仰向けで寝れば血流が良い状態で保たれるため3位にさせていただきました。

 

第4位:羊毛敷布団

第4位は羊毛敷布団です!実は羊毛敷布団は低反発マットレスや木綿布団からの切り替えの際に選ばれることが少なくない種類の敷布団です。

 

第5位:エアウィーブ

第5位はエアウィーブです!高反発で有名なエアウィーブですが、凹凸加工がないため少し硬すぎる感覚があるため5位にさせていただきました。

 

本日は【ふとんマイスターが勝手に選ぶ疲れが取れてぐっすり眠れる敷布団ランキング!】を発表しました。少しは参考にしていただけそうでしたでしょうか?是非ともふとんマイスターの知識をあなたの布団選びにも活用してみてくださいね!

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!