教えて、布団職人!

布団マイスターが考える腰痛の原因と対処法

8-Dores-do-corpo-671x377_c

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。本日は【布団マイスターが考える腰痛の原因と対処法】と題しまして、布団マイスターが考える腰痛の原因とその対処法をお伝えしたいと思います。

 

早速ですが布団マイスターが考える腰痛の原因は

1.筋肉 2.骨 3.姿勢 4.神経 5.内臓 に大きく分類されます。

 

みなさんの腰痛の主な対処法として、湿布を貼る、マッサージに行く、病院に行く、温泉に行く、運動をする(病院で薦められる)、敷布団を変えるなどがあり、おそらくほとんどの場合、この順番で処置をする方が多いと思います。

湿布を貼っても、マッサージに行っても良くならず、病院に行くと、「骨が歪んでいることが原因ですね。」と言われたり、「腹筋・背筋の筋肉量が少なく腰を支える力が弱いことが原因ですね。」と言われたり、「神経が圧迫されていますね。」などと言われたりします。これはマイスター自身も経験しました。しかし、リハビリをしたり、運動をしたりして、これらの問題を解決しようとしてみたのですが一向に良くならず、結局、腰痛が良くなったのは布団を変えてからでした。

ですから、私自身の経験からお伝えしたいことは、一番はじめに今の敷布団・マットレスが自分自身に合っていて、良質な睡眠・休息を得られているかを疑って欲しいです。敷布団で腰痛が治ったマイスターとしては、まずはじめに敷布団を変えてみることをオススメします。その理由は、毎日毎日その日の疲れを身体に残さないことが非常に重要だと考えるからです。つまり、布団が一番の薬になるということですね。腰痛を改善するためにはキレイな寝姿勢でしっかりとした睡眠をとることが非常に大事です。また、身体を温めて寝ることももちろん大事です。そして、短時間でも深く眠るというのももちろん重要です。

とは言っても次の敷布団やマットレスも合わなかったら・・・というご不安もあるかと思いますので、当店では敷布団の無料お試しレンタルをしています。詳細はこちらをご確認ください。http://www.sakuramichi3776.co.jp/product/shiki-trial.php

 

もちろん、人間は全てバランスを保っているので敷布団を変えれば全ての腰痛が治るのかと言われれば、そうでもないと思います。筋肉量の低下が根本的な原因の人は寝れば寝るほど筋肉がなくなってしまうので、筋肉をつけなければ腰痛は改善されませんし、例えば事故などで骨が変形してしまっていて、その結果、神経を圧迫してしまっている場合は、そもそもの骨の形を治さなければいけません。また実は内臓疾患により腰痛を引き起こしてしまっていることもあります。この場合は整形外科や整骨院などではなく内科病院での治療が必要です。そうしなければ敷布団・マットレスを変えてもいつまでも腰痛は治りません。

それでも敷布団を変えるという選択肢を持っておくことは一番大事だと思います。前述の通りですが、毎日の疲れをしっかり睡眠で取り除き、正しい寝姿勢を手に入れて寝ている間に少しでも骨の歪みを取ってあげることはできます。当店の敷布団を使ってもらえれば腰痛対策の確率が上がると思います。

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!