教えて、布団職人!

暖かい布団よりもからだを温める布団

fotoliacomp_118030134_nfngj03adzzglxylxes52ddeh2jr9gxm_nw40

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。当店には、寝冷えがひどく夜中に目が覚めてしまう方や、冷え症がひどくて足が温まるまでなかなか眠れないなど、「冷え」により快眠が得られないお客様からのお問い合わせがあります。一般的には暖かい羽毛布団で身体を温めて眠ることを考えますが、実はそれだけだと冷えを解消できていない方がほとんどです。
今回は、この「冷え」の唯一の対策である「身体の温め方」について書きます。身体の芯まで温めて朝までぐっすり眠るためには、どうすれば良いのでしょうか。

羽毛布団+電気毛布は一番あたたかい? 

そもそも身体が冷えると、どのような悪い影響があるのでしょうか。
身体の冷えは内臓の冷えに繋がります。内臓が冷えると、病気にかかりやすくなったり、夏バテ、肌荒れ、生理不順、下痢・便秘、胃もたれ、痩せにくいなど、様々な悩みを引き起こしたりする恐れがあると言われています。
冷えの対策として一般的に考えられるのは、暖かい羽毛布団を買って、さらにそれでも足りなければ電気毛布を使用して身体を温めることです。つまり、暖かい布団にくるまって、人体からの熱を保温して身体が温かくなるようにするというのが通常の解決方法です。
ところがこの方法だと身体の表面は温かくなっているのですが、身体の芯は冷えたままなのです。少し寝返りをうって、布団から身体がはみ出てしまうとすぐに寒さを感じることになってしまいます。そこで、もう少し深いところ=身体の芯まで温める必要があるのですが、でもどうやって?とお思いの方も多いかと思います。

電気を使わずに身体を温める 秘密は温泉綿“天然石トルマリン”

それを可能にするのが遠赤外線です。遠赤外線と言うと一般的にはストーブを思い浮かべるかと思いますが、当社ではこの「遠赤外線」を発する温泉綿の“天然石トルマリン”を使用した布団を開発しました。
ストーブと温泉では身体の深部まで温められるパワーが全然違います。ストーブは止めてしまえばすぐに寒くなってしまいますが、温泉だと入浴後しばらくは温かいままですよね?つまり、温泉の方が深部まで温まって、その温かさが持続するということなのです!また敷布団に温泉効果を持たせると身体が温まるのは、岩盤浴を想像していただけるとよくわかると思います。
遠赤外線を放出する布団を上手に使い、眠っている間に体温を0.5℃上昇させることを目指しましょう。前述の通り、深部体温を上昇させることができると、表面のみの温かさではなく、身体の芯まで温めることができます。
余談ですが、温まる皮膚からの深さは、ストーブの場合で0.5mm、温泉の場合2mm、遠赤外線の場合4mmと言われています。
夏は使えないですね!というお声が聞こえてきそうですが、トルマリンの遠赤外線はとても優秀で体温を0.5℃上昇させますが、上昇し続けるわけではないです。また、この布団は従来のような暖かい布団ではないため、暑い夏でも木綿・羊毛・羽毛よりも快適に使えます。不思議でしょう?

体温は36.5℃を保たれているか

ここまで読み進めて頂いたということは、冷え症や寝冷えで大変お悩みのことと思いますが、そんなあなたの体温36.5℃ありますか?前述の内臓の冷えにも共通しますが、体温が1℃下がると、冷え症、疲労、むくみ、目眩、下痢、便秘、動悸、息切れ、頭痛、腰痛などなど、様々な症状が出ると言われています。
今までの布団は、人体からの熱を保温してくれる布団でしたが、これからは身体自体を温める布団を選びましょう。人は手先や足先が温まり身体のまわりの温度が32~33℃になると眠りが早く、しかも深く眠れるようです。おまけにトルマリンは太陽光と同様、人体に有効な遠赤外線を放出することで有名です。
暖かい布団ではなく身体を温める布団で、冷えを解消し快眠を手に入れましょう!温泉に入った後のように、布団から出た後も温かいですよ!


送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり
【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!