教えて、布団職人!

腰痛の対処法⑤運動をする

lgf01a201305161500

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長(厚生労働省認定 ふとんマイスター)の林です。本日は【布団マイスターが考える腰痛の原因と対処法⑤運動をする】と題しまして、腰痛だったマイスターが自らの経験から腰痛でお悩みの方がどのような対処法をして、その結果どのようになりやすいのかを書いていきたいと思います。全6回で書いていこうと思いますが、第5回の今日は【運動をする】という対処法を取った場合の話を書こうと思います。

 

どうして腰痛になると運動をしなさいと言われるのか?

まずは基本的なところですが、「運動をする=鍛えて強くする」ということになります。腰痛を発症させてしまう人には、筋肉を使って腰痛が起きてしまう人と筋肉がなくなって腰痛が起きる人がいます。前者の場合、同じ動作の繰り返しにより筋肉の左右バランスが悪くなってしまったり骨が歪んでしまったりして腰痛を発症します。後者の場合、若い頃は運動していたけど、忙しくなって運動をしなくなり筋肉が衰えることによって身体を支える力が弱くなり腰痛を発症してしまいます。

 

日常生活で少しずつ運動してみよう!

ただ、いきなり今日から運動してくださいと言われても、その習慣がなかったり、忙しくて時間が取れなかったりして、なかなか適度な運動を習慣化することは難しいと思います。ですから、身体の片側にばかり負担がかからないように日頃からリュックサックを使う、歩くときに意識的に腕を大きく振る、電車の中にいるときに腹筋に力を入れてみる、毎日姿勢を正して5分歩く、などの少しの運動を意識的に行うようにしましょう。日頃の生活の中に少しの運動を取り入れることは忙しい現代人でも意識すれば取り組めることです。まずはこの負担の少ない運動の習慣をつけるようにしましょう!それで十分に運動ですから!

 

布団屋として言えるのは、残念ながら筋肉の減少によって腰痛が引き起こされているこのケースは布団では治りません!布団で筋肉を増やすことはできませんので。。。

腰痛の予防にも治療にも筋肉を増やすことはとても大切なことです。デスクワークでも立ち仕事でも、仕事中に主に使うのは背中側の筋肉となっている人が多いようです。仕事が原因で腰痛が出てしまっている人は前述のような簡単な運動を通勤途中にするなどの心掛けをしてください。その簡単な運動で左右対称、前後対称の筋肉を使うようにして、バランスを整えていきましょう!

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!

【ヘルシー安眠スタイル】快眠の王はこちらから!