教えて、布団職人!

高反発敷布団のすすめ

fotolia_82484471_subscription_monthly_m

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。当店には腰痛や肩こり、寝ても疲れが取れないなどのお悩みでお困りのお客様からのお問い合わせが多数あります。そこで今回は腰痛や肩こりをできる限り予防し、できる限りケアする敷布団の選び方についてお伝えしたいと思います。腰痛を予防する寝具の選び方を知り、少しでも改善できるようにしましょう。キーワードは寝姿勢です。

腰が沈み込まないことが最重要項目!

まず大前提ですが、寝姿勢が原因で腰痛を発症してしまっている方のほとんどが身体に合っていない「柔らかすぎる敷布団」敷布団を使用しています。一見、柔らかい方が身体を優しく包み込んでくれて、腰へのダメージも少なさそうなのですが、それは大間違いなのです。
有名アスリートを起用したCMなどで有名になった高反発マットレス(※敷布団を含みますが今回は皆さまに耳馴染みのあるマットレスという言葉で統一させていただきます。) というものがありますが、腰痛が改善するなどの口コミもあり人気が高まっていることは皆さんご存知かと思います。ここでは、高反発マットレスの特徴から、なぜ腰痛にお困りの皆さまにオススメするのかを説明致します。
高反発マットレスとは、読んで字の如く、反発力の高いマットレスのことです。低反発のマットレスに体を横たえると、確かに包み込まれるような感覚があり気持ち良く感じるかもしれませんが、仰向け、横向き、どちらでも腰の部分が沈み込んでしまいます。これが寝姿勢における腰痛の原因です。高反発のマットレスであれば、反発力で押し返すことにより、腰が沈み込まず、背骨が真っすぐ保たれ、正しい寝姿勢に導いてくれます。このとき、腰痛が改善される姿勢がとれるだけでなく、正しい姿勢になることで脳からα波が出て、リラックスした深い睡眠がとれるという効果もあります。

楽に寝返りが打てる = 腰に負担がかかっていない

高反発マットレスは、基本的には体圧が分散できません。体圧分散とは、身体のある一部に体重による圧力がかからないことを意味します。
高反発マットレスの表面だけを柔らかくし、体圧を一部に集中させない方法として、高反発マットレスの表面を凸凹加工し、体圧を分散させる方法があります。
これにより体圧を分散させ、身体の屈折した状態をなくすことで、寝返りが打ちやすくなります。身体が屈折した状態での寝返りは、寝返りを打つこと自体にものすごいパワーを使いますし、寝返りをする度に脳波計が目覚めの方向に戻ることが信州大学の研究によりわかっています。極端ですが、一度意識を呼び起こして寝返りを打っているようなものです。腰痛に悪いだけでなく、これではリラックスして眠ることができません。

仰向けで寝やすい敷布団を選ぼう!

睡眠中の寝姿勢は、上述の通り柔らかくて腰の部分が落ちてしまうマットレスを使用していると、腰が沈み込み辛いので横寝の割合が増える傾向にあります。腰の部分が沈み込まない高反発マットレスを使用することで心地よい仰向けの姿勢へ改善されます。
では、どの程度の硬さを選べば良いのか?ですが、まず腰痛がひどい人は硬すぎるかな?と感じるくらい硬い方が良いです。また、あまり筋肉がない方、筋肉が柔らかい方もご注意ください。人は自分の筋肉と同じ硬さの敷布団の硬さを心地よいなと感じる傾向があります。しかしながら、それが正しい硬さとは限りません。なぜなら筋肉が少ない(柔らかい)人は、自分の筋肉と同じ柔らかさの敷布団を選んでしまうからです。つまりそれは、柔らかく自分の身体を保てないマットレス・敷布団です。
高反発マットレスは、使い始めたその日から劇的に効果を感じる方もいれば、しばらく使い続けて初めて良くなったと感じる方もいます。本来ならば3ヶ月単位でレントゲンを撮るのが一番わかりやすいのですが、一般的に、効果を実感するためには、3週間程度と言われていますので、当店では3週間の無料レンタルを行っています。是非お試しください! 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり
【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!