教えて、布団職人!

羽毛布団と温泉掛布団の違い

im-gold-11

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長(厚生労働省認定 ふとんマイスター)の林です。本日は【羽毛布団と温泉掛布団の違い】と題しまして、羽毛布団と当店自慢の温泉掛布団の違いについてお伝えしていきたいと思います。それでは、それぞれの特徴を書いていきます。

 

羽毛布団の特徴

羽毛布団は保温することを目的として作られていて、一般的には「軽くて温かい」というイメージがあると思います。もちろんそのイメージは正しくて、羽毛布団の基本機能としては軽くて温かいのですが、特に冷え性の方の中で「足が冷たくて眠れない」「足が温まるまでにすごく時間がかかってしまう」という方はいらっしゃいませんでしょうか。また、「羽毛布団を使用しても肩口が寒いまま」という声もあるかと思います。このような方々は、布団の中に入ってもしばらく足や肩口が冷たい思いをしなければなりません。冷え性がひどい方の中には、冬の間に不眠になってしまう人もいるほどです。

ここで、羽毛布団で身体が温まるメカニズムを簡単にご紹介します。羽毛布団で身体が温まるのは、身体の最も温まりやすい場所である胴体(心臓付近)で温まった血液が循環することにより可能になります。つまり足先など身体の先端にある場所は、温まった血液が回ってくるまでに時間がかかるために温まりにくいのです。羽毛は身体を直接的に温めるのではなく、保温が得意なため、冷たい部分と温かい部分との温度差を埋めるのに時間がかかります。

 

温泉掛布団の特徴

羽毛布団に対して、温泉掛布団は天然の遠赤外線を放出して身体を温めるようになっているため、冷たい足先を温かい血液が回ってくるのを待つのではなく、その場で温めるようになっています。もちろん肩口もほっかほかになります。ですから、重度の冷え性や寒い地域にお住いの方で「足が冷たくて眠れない」というお悩みをお持ちの人は、羽毛布団よりも温泉掛布団の方が良いです。お風呂上がりにすぐ温泉掛布団に入るとまるで温泉に入ったように布団の中でポカポカとした状態が続き、冷えが気になる方には非常に良いです。ただし残念ながら羽毛布団と比較すると劣ってしまう部分もあります。温泉掛布団は温泉綿なので羽毛布団と違いへたってしまいます。しかし温泉掛布団は打ち直しが可能ですので、打ち直しをしていただければ、羽毛布団と同様に長くご使用をいただけます。

温泉掛布団は側生地に特殊フリースを使用しており、これだけでマイナス1℃まで耐えられるフリースとなっております。また静電気防止、毛玉防止の特殊フリースとなっているので、寝ている間に静電気が気になることはないのですが、とは言っても羽毛布団と比較して重たいのがネックとなります。

この「へたり」と「重たさ」を解消すべく作ったのが当店自慢の温泉羽毛掛布団です!温泉羽毛掛布団は、羽毛布団と温泉掛布団のいいとこ取りをしておりまして、側生地を変えて、中身についても温泉綿と羽毛をミックスさせました。温泉綿で身体を温めて、温まった身体を羽毛で保温するという仕組みになっています。また一般的な安価な羽毛布団とはキルト方法も異なり、2層キルトとなっているため、更に熱を逃がさないような工夫がされています。

 

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【当店イチ押し!】御殿場スペシャル羽毛布団はこちらから!

温泉掛布団はこちらから!

温泉羽毛掛布団はこちらから!