教えて、布団職人!

天然ゴム系敷布団の特徴

Dollarphotoclub_73787688-1024x683

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長の林です。世の中には様々な敷布団・マットレスがあります。あまりメジャーではないですが、変わりダネのマットレスで天然ゴムを使用したものもあります。通称「ラテックス」マットレスです。なんとこのラテックス、香港、タイ、シンガポールなどに行くパック旅行にはかなり高い確率でついてくるようです。半ば強制的に連れて行かれ、おそらく旅行マジックもあり塾考せずにその場で購入してしまう方もいらっしゃるようなので驚きです。海外旅行で財布の紐が緩んでしまっていることもありますが、実際に商品を気に入って買う人も当然いると思いますが、毎日使うものなので海外のお土産店ではその後のフォローアップが不十分なのでは?とも思ってしまいます。メンテナンスや買い替えを考えると国内で取扱いのあるショップで、購入するのが良いと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は、このラテックスマットレスの特徴について書こうと思います。当社では取り扱いのない商品ですので、実際に見たり触ったり聞いたりした情報から、布団職人としての意見を書きますので、メーカーサイトと多少のギャップがあるかもしれませんがご了承ください。

 

天然ゴム系マットレス「ラテックス」の特徴

ラテックスマットレスは、天然ゴムの木から取れる樹液に発泡剤を加え、型に入れて熱を加えながら発泡させて、製造時に多数の気孔を作ります。天然ゴムという成分と気孔の多さ故にマシュマロのように柔らかいマットレスができあがります。この柔らかさがラテックスの最大の特徴です。マシュマロはフワフワでかつ弾力があり、もっちりとしている触感が特徴です。天然ゴムで作られたラテックスマットレスもたくさんの空気を含んでいて、同じような肌触りがあります。

ラテックスマットレスのもう一つの特徴は、高い抗菌性能と言われています。大腸菌・ブドウ球菌・MRSAなどの雑菌は全て24時間以内に殺菌するという天然の抗菌効果を持っているそうです。それ故に、ニオイが付きにくく、カビの発生もしにくいという利点があるということですが、おそらく実際には手入れを定期的にしないとカビてしまうと思います。そもそもゴムですし、通気性が悪いからマットレスに穴を開けているわけなので、マットレスの接触面はかなり多湿になると思います。そこで、日常のお手入れとして、風通しを良く乾燥した場所での陰干しが必要なのですが、ラテックスマットレスは本体が非常に重く、中には女性ひとりの力で持ち上げるのは難しい製品もあります。さらに、ラテックス素材は天然ゴムが主成分なので、直射日光や過度の紫外線を当てると素材が劣化します。

 

高反発を謳うサイトもあるが・・・

ラテックスは低反発マットレス系なので、ある程度の体圧分散はしてくれます。つまり褥瘡対策には効果は出してくれるかもしれません。しかしながら、「高反発のような程よい反発も併せ持つ」や「正しい寝姿勢を保つ」という記述については信じてはいけないと思います。ゴム素材ですから、圧縮すれば硬くなるとは思いますが、吸収と反発の支持性能を持ち合わせているとは言い難いです。

また耐久性についても優れていて変形(ヘタリ)はほとんどないとありますが、おそらく軟化はあると思います。また、中にはゴムの樹液の質が悪かったり、発泡剤の攪拌が十分でなかったり、発泡過程で手抜きをしているものもありますのでご注意ください。

どうしてもラテックスが欲しいのなら品質の高いラテックスフォームメーカーを選ぶことはかなり重要です。ただ、弊社ではおすすめしません。

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【ヘルシー安眠スタイル】腰いい寝はこちらから!