羽毛の良さを最大に発揮!温かく、身体にフィットするオリジナルキルト(お仕立て)について

ようこそ!ゲストさん

櫻道ふとん店の技術《羽毛布団のオリジナルキルト(お仕立て)

羽毛布団の温かさを決めるのは羽毛の量とともに、その羽毛を入れる部屋の構造も重要です。

羽毛の布団の温かさは羽毛の膨らみできまりますが、良質な羽毛には自然と膨らみ、保温力を高めるという機能が備わっています。
ですが、膨らむ力を最大限に発揮できる広い空間がないとその力を発揮できません。羽毛が自由に膨らみ、保温して、熱が逃げないお仕立て(キルト)が大切なのです。

櫻道ふとん店の製造直販「御殿場スペシャル羽毛」に採用してるのは、「立体キルト」「デュアルキルト」「櫻道デュアルキルト」。どれも、羽毛を入れる部屋にマチ(仕切る布)をつくり立体的に膨らむようなお仕立てになっています。

検証後ろから光をあてるとわかる、熱が逃げる様子

下の写真は後ろから光をむらなくあてて、光がもれる様子です。キルトの違いで熱が逃げる様子がわかります。

他店低価格羽毛布団(ヨーロッパキルト)
他店低価格羽毛布団(ヨーロッパキルト)
当店の立体キルト
当店の立体キルト
当店の櫻道デュアルキルト
当店の櫻道デュアルキルト

羽毛布団の温かさに違いがでる「キルト(お仕立て)」

櫻道デュアルキルトの羽毛布団「御殿場スペシャル羽毛」トパーズ
櫻道デュアルキルトの羽毛布団「御殿場スペシャル羽毛」トパーズ

ご存じのようにキルトとは、表地と裏地の間に中綿を入れ、重ねた状態で刺し縫い(キルティング)を施したもののことを指します。掛け布団や敷布団、合い掛けなど、中に「詰め物」が入っている製品は、すべてキルティングが行われます。「詰め物」の中綿や羽毛がずれないようにすることがキルティングの目的ですが、寝心地の良い布団に仕上げることも、キルティングの重要な役目です。

一般的な多くの羽毛布団で採用してるのは「立体キルト」。羽毛を入れる部分を小部屋にマチ(仕切る布)をつくり、立体的に膨らむようなお仕立てになっています。

優れた技法ではありますが、小部屋と小部屋の連結部分からわずかに熱が逃げて行きます。
この弱点を解決したのが、「デュアルキルト」という技法です。羽毛布団の肌側と外側のキルティングをずらすことで、まるで2枚の羽毛布団を重ね合わせたかのような状態を作り出す高度な技法です。

縫い目がずれているので熱が逃げにくく、極めて保温性に優れています。実は、この縫い方を初めて考案したのは櫻道ふとん店でした(現在では、他メーカーの高級羽毛布団でも同様のキルトが用いられています)。

羽毛布団のお仕立て方法「立体キルト」
羽毛布団のお仕立て方法「デュアルキルト」

さらなる温かさを求めた「櫻道デュアルキルト」

「デュアルキルト」で羽毛布団の保温性の問題は解決した。
そう考えていたある時、櫻道ふとん店に、地元のお客様からこのような意見が寄せられました。

「櫻道さんの羽毛布団はとても温かいのだけど、襟元と足元から冷気が入ってくるのをなんとかできないか」。厳冬期になれば、気温は-10℃になることもある御殿場市。寒さが厳しい土地ならではの、お客様からのご要望でした。

どんな羽毛布団でも、襟元には若干の隙間が生まれます。寝ている間に足を動かせば、足先にも隙間が生じることがあります。わずかな隙間から入ってくる冷気を最小限に抑えるには、羽毛布団と身体の密着性を高めて、寝ている人の体を包み込むようにする必要がありました。

羽毛布団のお仕立て方法「櫻道デュアルキルト」

そして試行錯誤の結果、デュアルキルトで仕上げた羽毛布団の襟元と足元部分にさらにキルティングを施した「櫻道デュアルキルト」を編み出しました。
このキルティングを施したことで、羽毛布団の襟元と足元部分に可動性が生まれ、布団の自然な重みで身体にフィットするようになったのです。布団と身体の隙間が減り、冷たい空気をシャットアウトできるようになりました。

「御殿場スペシャル羽毛」で使用している、膨らむ力のある良質なダウンは、羽毛を自由に膨らませることで保温力を高めますので、良質なダウンのポテンシャルを最大に引き出し、身体にフィットしてその温かさを逃がさないのが、この二層式の「櫻道デュアルキルト」なのです。

細やかなキルティングが寝心地に貢献

櫻道デュアルキルトの羽毛布団「御殿場スペシャル羽毛」ガーネット
櫻道デュアルキルトの羽毛布団「御殿場スペシャル羽毛」ガーネット

「掛け布団の寝心地はキルティングで大きく異なります。例えば、縫い目が体の真上にあると重さを感じます。だから櫻道の掛け布団は、寝た時に、身体の真上に何本も縫い目が走らないようキルティングの位置を調整しています。また、掛け布団の寝心地は、鎖骨部分にどれくらい重みを感じるかがとても重要です。ふかふかの軽い布団だけど、包み込まれているような適度な重み・安心感を与える。そういうことを意識しながら、布団の種類ごとにキルティングの位置や技法を変えています」(櫻道ふとん店社長・林義浩)

櫻道ふとん店の布団工房の2階には、試作品が山のように積まれています。この中には、「最適な寝心地」を追究してキルティングの位置を少しずつ変えながら試作した掛け布団が数多く含まれています。自分たちで作り、自分たちで寝心地を試す。キルティング1つとっても、商品化までには長い月日がかかっています。

「御殿場スペシャル羽毛」アイダーダック」

世界一の羽毛アイダーダック

〜最上級の羽毛をお求めの方へ〜

「御殿場スペシャル羽毛」グース

人気の羽毛グース

〜どうせなら良い羽毛をとお考えの方へ〜

「御殿場スペシャル羽毛」ダック

上質な温かさダック

〜本物の羽毛布団をお手頃価格でとお考えの方へ〜

「富士山高原 御殿場スペシャル羽毛」ベッド専用羽毛布団

「御殿場スペシャル羽毛」ベッド専用羽毛布団

オリジナルキルト構造でずれ落ちにくい!

羽毛布団「富士山高原 御殿場スペシャル羽毛」

羽毛布団「富士山高原 御殿場スペシャル羽毛」

「羽毛の達人」としてテレビでも紹介された、製造直販のオリジナル構造羽毛布団。

製品ラインナップ

敷布団

羽毛布団

掛け布団

マットレス

肌がけ・毛布

セット布団

布団カバー

トルマリングッズ

敷きパッド

ロングサイズ寝具

ベッド専用

グッズ

子供用敷布団

トップバナー