良い眠りで人生を豊かに コラム「教えて布団の達人」

ようこそ!ゲストさん

富士山の麓「御殿場」が育てた「富士山の手づくりふとん」櫻道ふとん店の布団マイスターが、眠りの知識や布団の手入れ・選び方、不眠や腰痛、冷えなどのお悩みについて、役立つ情報をお伝えする「教えて布団の達人」

ジュニアサイズの敷布団

成長期のまっただなかにいるジュニアの時代は、大人より多くの睡眠時間が必要となります。
本来なら中学生でも9時間、小学生なら10時間は欲しいところです。
しかし、現代のジュニア世代はみな忙しく、そんなにたくさんの睡眠時間を持てません。
せめて疲れが取れる寝具を選んであげましょう。
特に重要な敷布団についてお伝えします。

更新日:2022年05月31日

布団のサイズ表と知っておくと便利な布団のサイズのお話

布団が大きすぎたり小さすぎたりすると、使い心地がよくないですね。
そればかりか収納にも支障をきたす場合があります。
成長が早い子どもの布団もサイズをどう選べばよいか悩むのではないでしょうか。
そこで今回は、自分の生活スタイルや体型に合わせた敷布団のサイズ選びについて考えてみましょう。

更新日:2022年05月30日

羽毛布団の上に毛布?下に毛布?どちらが本当?

羽毛布団と毛布の両面からの多いお問い合わせを多くいただくのが、
「ふとんの上に毛布を掛けて使うのが本来の使用方法ですか?」
「羽毛ふとんの下(内側)に毛布を使うほうがいいのですか?」
という内容です。

もし、あなたが天然繊維系の高級毛布をお使いでしたら、羽毛布団の内側に使うのが正解です。

羽毛布団の外側に毛布を掛けた方がいいと言われ始めた理由や、本当はどれがベストなのか、科学的観点からご説明します。
また、日本の寝具の歴史や羽毛布団と毛布のヨーロッパの歴史もお話いたします。

更新日:2022年05月30日

コスパの良い羽毛布団とは。

良質な羽毛布団の羽毛は、大切に使うと80年保つと言われています。ですから、一生物として、品質にこだわりたいものです。
 そこで今回は【コスパの良い羽毛布団】と題しまして、温かさはもちろん、肌触りや使い心地がいいことは前提とした、ふとんマイスターがオススメする、良質でお求めやすい!「コスパの良い羽毛布団」をご紹介します。ぜひ、掛布団選びの参考にしていただければと思います。

更新日:2021年09月22日

トップバナー