教えて、布団職人!

羽毛布団はいつから出すのが良いか

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長(厚生労働省認定 ふとんマイスター)の林です。本日は【羽毛布団はいつから出すのが良いか】と題しまして、羽毛布団の種類別の最適な使用のタイミングをご紹介したいと思います。基本的にはご自身の体感に合わせて掛布団を変えていけば良いのですが、是非、羽毛布団の使い方の参考にしていただければと思います。

 

東日本大震災の影響による節電から学んだこと

2011年3月11日に宮城県沖を震源とする東日本大震災が発生したことは、皆さんの記憶にも新しいかと思います。地震から約1時間後に遡上高14 – 15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1-5号機で全交流電源を喪失してしまいました。その他に火力発電所等でも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な電力不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりに計画停電が実施されました。

その夏、日本全体で節電が必要ということになり、暑い夏にエアコンを自由に使えない日々がありました。その影響もあり熱中症などで倒れてしまう方が増えてしまいました。その結果、十分な電力が確保できるようになってからは、無理をせずにエアコンを積極的に使おうというのが、世の中の流れになりました。そして分かってきたことは、エアコンを使用する際に電力を最も消費するのは部屋を冷やすときであり、「使用して部屋を冷やす⇔冷えたらエアコンを消す」を繰り返すよりも「設定温度を少し高めにして部屋を冷やし続ける」方が消費電力は少なくなることも世の中に浸透していきました。

そしてその頃から省エネを考えながらエアコンを使用するという新たな文化が生まれ、それに合わせて当店でもエアコンの使用と四季に合わせて掛布団の使用方法を変えた方が良いというご提案をするようになりました。主に都会では夜も寝苦しいためエアコンを使用しているケースが多いと思います。そのため身体の冷えすぎを防ぐため羽毛の肌掛けをご提案しております。逆に田舎では夜は涼しくエアコン使わないご家庭も多いかと思います。そのような方々には羽毛だと暑すぎて眠れないためアイスケットなどをご提案させていただいております。

 

日本に四季に合わせて使うべき掛布団と使用のタイミングは?

現在、一年中同じ掛布団を使い、夏にはほとんど布団を掛けず、冬には毛布などで寒さを凌いでいる方もいらっしゃるかと思います。当店からのご提案は、「冬掛け(厚掛け)、肌掛け(夏掛け)、合い掛けを使いわける」というものです。

多くの方が持っている冬掛けの場合、地域によって様々ですが、3−5月くらいに暑くなって使用をやめる方が多いです。合い掛けを持っている方は、4月くらいからそれを使った方が良いです。合い掛けを持っていない方は、6月くらいに肌掛けに変えるのが一般的でしょう。この時に「クリーニングに出して収納にしまう人」と「そのまま収納にしまう人」がいると思いますので、保管方法については後述します。そして8月を過ぎて、台風が一つ通過するごとに気温がどんどん下がり始めて、9月のお彼岸を過ぎると急に気温が下がっていきます。9月末頃寒くなったら冬掛けを使用開始すると思いますが、冬掛けを洗ってから収納する人は、お彼岸あたりに一度状態の確認をして、寒いと感じたら使い始めましょう。そのまま洗わずに収納にしまった人は、8月の末までにクリーニングや状態確認、5−6分の天日干しなどの対応をしておくと、気持ち良く冬掛けを使い始められます。

合い掛けを持っている人は9月下旬から11月上旬くらいのタイミングで合い掛けを使用すると良いです。そして肌掛け同様、寒いと感じたら冬掛けに切り替えましょう。

 

使っていない掛布団の保管方法について

それぞれの掛布団の季節が終わったときの保管方法ですが、使用直後のクリーニングの有無に関わらず、カバーを外して、買ったときに入っていた収納袋に入れて保管しましょう。クリーニングに出した場合は、クリーニング屋さんのビニール袋を外して買った時の収納袋に入れ直します。クリーニングに出さない場合も同様に、カバーを外して収納袋に入れます。収納袋を捨ててしまっている人は、布団カバーを一度洗って、また羽毛布団をカバーに入れて、そのまま収納します。このとき、夏の収納時にはタンスにゴンなどの虫除け剤を入れるとなお良いです。念のため説明をしておきますが、カバーとはファスナーがついている取り外し可能なものであり、掛布団本体の側生地ではないのでご注意ください。

合い掛けの場合は、11月(使用をやめるタイミング)になったらクリーニングをして、冬掛け同様、購入時の収納袋に入れて保管をするのですが、春には再度使いますので虫除けはいりません。冬場は虫が発生することはありませんので。

肌掛けは6−9月に使用して、汗が多いので使い終わりのタイミングで必ず洗いに出しましょう!肌掛けは高額な商品ではないので、古くなったらどんどん新しいものに買い替えた方が良いです。

 

 

以上が「羽毛布団はいつから出すのが良いか」についてです。是非、羽毛布団の使い方のご参考にしていただければと思います!

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【当店イチ押し!】御殿場スペシャル羽毛布団はこちらから!