教えて、布団職人!

羽毛布団をお掃除する方法

みなさんこんにちは。櫻道ふとん店店長(厚生労働省認定 ふとんマイスター)の林です。本日は【羽毛布団をお掃除する方法】と題しまして、毎日とは言わずとも、定期的に実施していただきたい羽毛布団のお掃除の方法について書いていこうと思います。是非、日頃の羽毛布団のお手入れのご参考にしてください。

 

羽毛布団に掃除機をかける方法

レイコップなどの布団専用の掃除機をお持ちの場合、掃除機を布団にゆっくりとかけて下さい。10cmを1秒くらいのスピードでかけると良いと云われています。特に羽毛布団の縫い線のところは、汚れが溜まりやすい場所なので丁寧にかけてください。布団専用の掃除機ではなく普段使いの掃除機の場合、布団の端っこをしっかりと持って動かないようにして強度を弱にしてゆっくりとかけてください。ゆっくりとかけることが非常に重要なので急いで何度もかけずにゆっくりと一度かけてください。また、いつもより少し綺麗に掃除したいという場合は布団カバーを外して天日干しを表裏で2−3分ずつしてから、上記と同様の方法で掃除機をしっかりとかけてください。

 

嘔吐などで羽毛布団を汚してしまった場合

ノロウイルスなどに感染してしまい羽毛布団に嘔吐してしまった場合などは、ハイターなどの除菌のできる洗剤を水で薄めて濡れタオルなどでしっかりと拭き取ってください。羽毛布団の側生地を湿らす程度までタオルは絞ってください。ただしハイターなどの漂泊成分が入っている洗剤の場合は羽毛布団の生地が弱くなってしまい、また、漂泊作用がありますので注意しましょう。しっかりと拭き取った後に、乾いたタオルで拭いて、天日干しをすれば大丈夫です。よく扱いがわからない、怖い、などの方はクリーニングをすることをオススメします。また、インフルエンザに感染してしまった場合には、毎日ファブリーズなどをかけるなどの対応がオススメです。

上記のような対応をした場合、これらの薬剤が羽毛までしみることはないですが、前述の注意の通り羽毛の側生地を湿らす程度に留め、汚れの拭き取りなどはしっかり絞ったタオルで拭く程度で終わりにしてください。

また、羽毛の中まで掃除したいという場合、その方法はお直ししかありません。ただし、毎年毎年お直しをするのは手間ですしお金もかかりますので、毎年シーズン終わりには必ずクリーニングをして、10年ごとにお直しをすると良いでしょう。もし、嘔吐などで汚れや菌が気になる方は、生地を全て新しくするようにお直しをするのも一つの方法ですが、前述の方法で十分除菌できますので、基本的にはご安心いただいて問題ないと思います。

 

以上が「羽毛布団をお掃除する方法」についてです。是非、羽毛布団の使い方のご参考にしていただければと思います!

 

送料無料・シングルサイズは翌日発送・お試しレンタルあり

【当店イチ押し!】御殿場スペシャル羽毛布団はこちらから!